先日、とある場所に行ってみたぞー。何処だかわかるかな???ウォーリーを探せ!!の巻

見つけた

おーす。今日も、

元気に井笠つーしんです!!

先日、とある場所に行ってみたよ~ 😀
そう、井原市にある田中美術館になります。

田中美術館

田中美術館の入口ですね♪

田中美術館

田中美術館

なぜ、ここに来たかというと””だったからです・・・
特に行くところもなく、ぶらぶらしていたので田中美術館でも行ってみようとなりました。

田中美術館ご案内

では、行ってみたいと思います~突撃!!日本の晩御飯~( ⊙‿⊙)

田中美術館入口

狛犬

入口には、狛犬がいて魔除けをしてくれるんでしょうか?
不思議な犬のようなライオンのような銅像がありますよ~。

なんじゃい、こら~

掛かってこんかい!!!

怖くないどー。

ちょっと、狛犬をビビらせてやった。 :mrgreen:
狛犬の横をすり抜けて、

入口に入ると・・・

田中美術館

展示室及び各催し物を告知できるスペースやら休憩する場所があります。
ここだけでも楽しめるじゃ~ないでしょうかね!!

田中美術館内

田中美術館内

田中美術館内

田中美術館内の入口あたりは、こんな感じで少しくつろげるスペースがありますね。
全体的には、こんな感じです。

田中美術館内

告知スペースなんかもあって、他の美術館でしているイベント情報がわかりそうですね。

田中美術館内

順番に見ていくと、おじいさんの銅像みたいなのがありますね。

田中美術館内

一体、誰んでしょうかね???

なんで、肌が黒いんじゃ~

聞いとんのか~!!!

田中美術館内

平櫛田中翁像(ひらぐしでんちゅうおうぞう)

浜田泰三(1919 大正8-2000 平成12)
平櫛田中に執事 田中晩年の秘書役を務める

ブロンズ(石膏原型より鋳造)
1980(昭和55)年 61歳

と書かれています、、、、、そーいう事です。( ⊙‿⊙)

田中美術館内

こんな文面もありました。見えないと思いますので、
詳しくは現場にて確認してくださいね。

田中美術館内

こちらのおっさんも誰なんでしょうか?

田中美術館内

なんで、肌が黄色いんじゃ~

聞いとんのか~!!!

田中美術館内

平櫛田中

霊亀随(れいきずい)
1936年(昭和11年)/ 64歳
ブロンズ
1970年に木彫より
大塚美術鋳造
第1回帝展(木彫を出品)

だそうですよ~!!

次を見てみましょう♪

田中美術館内

田中美術館内

平櫛田中

鏡獅子・石膏原型
1955(昭和30年)/ 83歳

石膏
高さ2メートル32センチ
第43回院展(木彫を出品)

と書かれていますね。

こちらの鏡獅子は、大きので見ごたえはありますね。
三ツ星をあげたいですね・・・ 😀  😀 😀

少しだけアップで撮ってみました。

鏡獅子

なんで、肌がくすんでいるんじゃ~

鏡獅子

ワシをバカにしとんか~!!!

鏡獅子

あ~、すっきりした!!!

どーですか? 迫力があるでしょう。
ぜひ、気が向いたら訪れて見てください!!

中に展示してある作品は、もっと”素晴らしい”作品の数々なので一緒に見てみてくださいね♪
ちなみに僕は、美術館の中の作品も鑑賞してきましたよ~。

パンフレットの載っている作品を紹介!!★

パンフレット

パンフレット

PS.

館内を見て回ると、印象が強かったのは、トラですね。

そう、トラとか見応えあって、僕は好きな作品の1つですね♪
他にも沢山良い作品があって、見て回るだけで感性が刺激されますね。

椅子の上に載っている金のリンゴなんかも良かったかな・・・
パンフレットには載ってないかな、、、・・・ :mrgreen:

思いだしていたら、また見たくなった!!ので、
気が向き次第行ってみようと思いまーす。

ぜひ、行きたくなった時に訪れてみてはいかがでしょうか?

では、またね(*^-^*)ノ~~マタネー

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です