井原市にも借りれる制度・・・とは?

入学・進学

こんな、制度があったのでご紹介!!
今は、2人に1人が、奨学金制度を使っていると言われていますが、
井原市にも借りれる制度があるみたいですね。

奨学資金を貸し付けます「井原市内在住の方」

~高等学校・大学へ進学された皆さんへ~

教育委員会では、経済的事情により就学困難な学生を対象に
少額資金の貸し付けを行います。

貸付対象
・高等学校、大学、またはこれに相当する学校に在学している人
・市内に本籍がある、または引き続き10年以上住所のある人
・市内に本籍・住所がある人で、災害などにより修学困難となった人

貸付条件(次のすべての要件を満たす人)
・品行方正で、学業成績の優秀な人
・心身ともに健全で成業の見込みがある人
・世帯の収入が下記に定める基準以下である人

区分 給与所得の世帯 給与所得以外の世帯
 3人世帯   716万円以下 303万円以下
 4人世帯   801万円以下   369万円以下
 5人世帯   917万円以下   485万円以下

※給与所得は、収入金額で判定します。

※給与所得以外は、所得金額で判定します。

※学生支援機構など、他から奨学資金の貸し付けを
受ける人は対象外です。

貸付金額
・大学またはこれに相当する学校・・・月額4万円
・高等学校またはこれに相当する学校・・・月額1万円

貸付方法
毎月指定の口座へ振込み

奨学資金の返還
貸し付けた奨学金は、卒業後、1年間の猶予期間を経た後、
在学期間の3倍の年数(高等学校で9年、大学で12年)で、
年払いあるいは半年払いで返還。

返還の特例
大学の奨学資金を借り受けた人で、卒業後、返還期間終了まで
市内に居住すれば、申請することによって借り受けた奨学資金
の1/2の返還を免除

募集定員  高等学校・・・5人  大学・・・5人

申込締切  5月29日(金)

申込方法
教育委員会教育総務課に備え付けの「井原市奨学資金借入申請書」
に「井原市奨学資金推薦調書」を添えて申し込み

問い合わせ 4階、教育委員会教育総務課(☎0866-62-9531)

こういった制度は、どんどん使わせていただきましょう♪
まずは、問い合わせてみましょう。

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です