「備中の漢学」を考えるシンポジウム(三島中洲、坂谷朗廬、渋沢栄一)【井原市】

「備中の漢学」を考えるシンポジウム

「備中の漢学」を考えるシンポジウム

明治三大文宗    中洲

興譲館初代館長   坂谷

日本資本主義の父  沢栄一


幕末から明治にかけて、備中(現在の岡山県西部)には、著名な漢学者が輩出し自ら活躍するとともに多方面の指導者に大きな影響を及ぼしました。二つのシンポジウムでは、備中出身の三島中洲、坂谷朗廬と近代日本社会の形成に大きな足跡を残した渋沢栄一との関係に焦点を当て、近世から近代への激動期における東アジアの中の日本という視点から備中の漢学の果たした役割を浮き彫りにし、その現代的意味を考えます。


興譲館 シンポジウム(聴購自由)

日 付:平成27年9月11日(金)
時 間:午後1時30分~4時30分
会 場:興譲館高等学校交友ホール
井原市西江原町2257-1 電話:0866-62-0124


演 題:備中の漢学 ― 坂谷朗廬、三島中洲、渋沢栄一
パネリスト:桐原 健真(金城学院大学)- 坂谷朗廬と備中の漢学、渋沢との関係  町 泉寿郎(二松学舎大学)- 三島中洲、渋沢栄一、二松学舎の関係  見城 悌治(千葉大学)- 渋沢栄一と漢学、道徳経済合一説、 于 臣(横浜国立大学)- 中国から見た備中のの漢学  丁 世絃(関西大学大学院-朝鮮から見た備中の漢学)司会:木村昌人(公益財団法人 渋沢栄一記念財団)

主 催:公益財団法人 渋沢栄一記念財団
共 催:興譲館高等学校、二松学舎大学、備中倉敷学
お問合せ:興譲館高等学校  電話:0866-62-0124

場所はこちら↓

井原市西江原町2257-1

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です