歌舞伎の衣裳展(ユネスコ「世界無形遺産」に登録)やかげ郷土美術館25周年記念【矢掛町】

歌舞伎の衣裳展

Stage Costumes of KABUKI
やかげ郷土美術館開館25周年記念

歌舞伎の衣裳展

2015年10月3日(土)~11月23日(月・祝)会期中無休

やかげ郷土美術館
開館時間:午前9時~午後5時※入館は午後4時30分まで(初日は午前10時30分から開館)

ユネスコ「世界無形遺産」に登録された「歌舞伎」の衣裳を一同に展覧

閲覧料金:一般1,000円(団体割引800円 20名以上)大学生・高校生800円 中学生以下無料※着物でお越しの方は800円

特別イベント 松竹衣裳スタッフによる歌舞伎の女形衣裳の着付実演と解説 ●10月3日/11月23日(月・祝)●午後1時と3時 ※要観覧券

歌舞伎の衣裳展
歌舞伎の衣裳展  やかげ郷土美術館開館25周年記念

日本が世界に誇る伝統芸能歌舞伎の真髄をいまここに

この度、やかげ郷土美術館では、開館25周年を記念して「歌舞伎の衣裳展」を開催します。ユネスコの世界無形遺産にも登録されている「歌舞伎」は日本が世界に誇る伝統芸能です。江戸時代初期に誕生し、400年を越える歳月のなかで、日本独特の美意識を昇華させ、世界中から高い評価を受けています。「働く錦絵」とよばれる歌舞伎の舞台を華やかに彩る美しさの中で使用された衣裳と小道具を一堂にご紹介します。日本伝統的な柄や色彩、歌舞伎独特の大胆な発想から生まれた衣裳を通じて、総合芸術「歌舞伎」を「衣裳」という側面から体感していただければ幸いです。


やかげ郷土美術館
YAKAGE MUSEUM ART
〒714-1201 岡山県小田郡矢掛町矢掛3118-1/TEL:0866-82-2110 FAX:0866-82-2164

主催:矢掛町、矢掛町教育委員会、やかげ郷土美術館、山陽新聞社
後援:RSK山陽放送、OHK岡山放送、TSCテレビせとうち、FM岡山、レディオモモ、FMくらしき、矢掛放送、oniビジョン、井原放送、笠岡放送、玉島テレビ放送、倉敷ケーブルテレビ、井原鉄道
協賛:おかやま・歌舞伎・観る会  特別協力:松竹株式会社、松竹衣裳株式会社  企画:(㈱)やかげ宿

場所はこちら↓

岡山県小田郡矢掛町矢掛3118-1

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です