山口華楊の滞欧素描と岩倉壽のエキスパート展 笠岡市立竹喬美術館【笠岡市】

笠岡市立竹喬美術館

山口華楊の滞欧素描と岩倉壽のエキスパート展

10月31│土│~12月6日│日│
休館日=毎週月曜日(ただし11.23開館、11.24休館)
開館時間=9:30~17:00(入館は16:30まで)
11月15日(日)は竹喬生誕祭につき入館無料

入館料=一般500円(400) 高校生300円(200) 市外小中学生150円(90)
( )内は団体20名以上
※65歳以上の方及び笠岡市内の小中学生は入館無料(要証明)

山口華楊の滞欧素描と岩倉壽のエキスパート展

笠岡市立竹喬美術館では、師弟関係にある山口華楊(かよう:1899-1984 )と岩倉壽(ひさし:1936- )の特別展を、2012年と2010年に開催しています。花鳥画・動物画家としての華楊、風景画・静物画家としての壽、それぞれの画業は京都画壇の伝統ともいえる、凝視の眼と新生面を拓かんとする進取の精神を基礎としています。そして、華楊は鋭敏な感性により、自然における生命のうごめき、その核心を捉えようとし、壽は親密な洞察によって、すべての存在の奥に潜むもの、宇宙の始原をつかみ取ろうとしています。当館には、山口家から寄贈を受けた山口華楊の滞欧素描93点と、岩倉壽より寄贈を受けたエスキース39点があります。華楊は、昭和37(1962)年3月より7月までの間、ドイツ、オランダ、北欧三国、フランス、イギリス、スペイン、イタリア、スイスを訪れ、町並みや自然の景観、また博物館の所蔵品などを写生しています。細緻な鉛筆の線で描かれたこれらの素描は、花鳥を描いた大らかな描線とは異なり、対象を徹底的に写し取るという姿勢を示しています。日本の風景では感じない、西洋風景の中にある独特な空気を感じ取ろうとしたのです。大正時代に渡欧した小野竹喬の簡明な滞欧素描と比較して、より綿密で時間を要した素描といえます。

また壽は、身近な屋外風景や日常の室内に置かれた静物、そしてアトリエの窓越しに眼にした一コマを、日記に綴るかのように、集中した視線によって小画面に捉えています。必ずしも生命力の満ちた対象だけでなく、朽ちてゆくもの、滅びて行くもの、その明滅する生命を捉えようとしているかのようです。単なる素描とは異なり、本画と同等の実験的な試みがなされています。また、一つ一つの対象を確かな塊りとして立体的に画面に布置しており、彫刻家のエスキースを思わせるものでもあります。

このたびの企画は、華楊の滞欧素描と壽のエスキースを同時に並べることにより、京都画壇の中に継承される、自然を見つめる良質な眼を提起し、二人の資質の根源にあるものを見出そうとするものです。華楊、壽の25点ずつの作品と小野竹喬の作品50点とあわせて、それぞれの持ち味を発見していただければ幸いです。

竹喬茶会(竹喬生誕祭)

  11月15日(日) 10:00~16:00

  お茶席券400円(高校生以下は無料)

  協力:笠岡茶道連盟

学芸員によるギャラリートーク

  11月8日(日)・11月22日(日) 13:30分~14:30

  聴講無料(ただし、入館料が必要) 申込不要

笠岡市立竹喬美術館

〒714-0087 岡山県笠岡市六番町1-17
Tel0865-63-3967 Fax0865-63-4496
https://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/

場所はこちら↓ 岡山県笠岡市六番町1-17

場所はこちら↓ 岡山県笠岡市六番町1-17

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です