白いネコを発見!!左右の目の色が違う不思議:オッドアイ

今日は、ネコちゃんのご紹介です!!

偶然、歩いていたら白いネコを見つけた。

よくみると、左右の目の色が違うので不思議だなぁーって思いながら見てました。
帰って調べてみると、オッドアイ:虹彩異色症というみたいです。

オッドアイ:虹彩異色症とは?
猫や犬の左右の目の色が違う(虹彩異色症)ことを、オッドアイと呼びます。
(Odd)」には、奇数、不揃い、半端な、片方のなどの意味があるそうです。

日本では古来から、片眼が黄系の目色(ゴールドアイ)で、もう一方が青い目(ブルーアイ)
の猫を金目・銀目と呼び、縁起のよいものとして珍重してきたそうですよ。
ブルーアイのシャム猫の原産国タイでは、オッドアイの猫を「ダイヤモンドの瞳」と呼んで大切にします。
滅多に出会えない希少性があるので、偶然出会えることはラッキーだそうです。

白い猫 オッドアイ

わかりますか???
左右の目の色がちがいますよね。
オッドアイの猫のとても美しく神秘的な瞳をしていますね。
思わず引き込まれてしまいそうです。

ぜひ、偶然見つけれたら非常にラッキーみたいですよ♪

スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Simplicity – レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です